宮原野乃実 / Nonomi Miyahara

PREV
NEXT

PROFILE

1992年
東京都生まれ
2015年
京都造形芸術大学 美術工芸学科 総合造形コース 卒業

 

【個展】
2017年
ここは昨日の塵の上|今日是建構在昨日之上 / 居藝廊 G.Gallery 台北
どっかで誰かが見た景色 / GALLERY ART POINT bis. 東京
2014年
かわるかもしれない / ギャラリーマロニエ 京都

 

【グループ展】
2017年
“FOCUS” UNKNOWN ASIA GROUP SHOW / DMORATS 大阪
2016年
TDW art fair 2016 / 神宮外苑 東京
同じ窯の位相 / ARTZONE 京都
UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2016 / ハービスホール 大阪
SICF17 / スパイラルホール 東京
2014年
1mm / ギャラリーマロニエ 京都

 

【アートフェア】
2017年
ART OSAKA / ホテルグランヴィア大阪 26階 大阪 
ART in PARK HOTEL TOKYO 2017 / PARK HOTEL TOKYO 東京
2016年
art fair sapporo 2016 / CROSS HOTEL SAPPORO 札幌

1992
Born in Tokyo
2015
B.A. Mixed Media, Kyoto University of Art and Design

 

Solo Exhibitions
2017
“Today is constructed from the past” G.Gallery, Taipei
“The scene which somebody watched somewhere” GALLERY ART POINT bis., Tokyo
2014
“It may be replaced” Gallery Maronie, Kyoto

 

Group Exhibitions
2017
“Shibuya Style vol.11” SEIBU Shibuya, Tokyo
“UNKNOWN ASIA GROUP SHOW” DMORATS, Osaka
2016
TDW art fair 2016, Jingu Gaien, Tokyo
“Onaji kama no isō” ARTZONE, Tokyo
“UNKNOWN ASIA ART EXCHANGE OSAKA 2016” HERBIS HALL, Osaka
“SICF17” SPIRAL HALL, Tokyo
2014
“1mm” Gallery Maronie, Tokyo

 

Art Fairs
2017
ART OSAKA, HOTEL GRANVIA OSAKA, Osaka 
ART in PARK HOTEL TOKYO 2017, PARK HOTEL TOKYO, Tokyo
2016
Art Fair Sapporo 2016, CROSS HOTEL SAPPORO, Sapporo

STATEMENT

私はこれまで、自身が経験していない実感の薄い過去の歴史と現在の日常生活との関係を探る作品の制作を試みてきました。

「ざくろ」シリーズは、第二次世界大戦中に日本で作られ現在も捨てられたままになっている陶製手榴弾と、その上に建てられた住宅街の一見ちぐはぐな景色を基に、日本の戦争の歴史と現在の繋がりについて考えます。
「DRIFT」シリーズは、波によって転々と流されてきた過去の時間の断片である海岸の陶片と、現代の生活を成り立たせている様々な物資を内包して世界中を漂流する海上輸送コンテナを重ねて、年月の経過と日々の蓄積と更新について思案します。

想像がつきそうでつかない過去は、親しい隣人のようで、実体のない亡霊のようでもあります。
現在を生きる私たちが過去の出来事やその土地の亡霊と隣り合わせで共存している様子と、現在の日常が未来には亡霊の様になっていく過程を観察し、作品として表現します。

I have tried to produce artwork that investigates the relationship between everyday life in the present and a deep, historical past that I have not experienced.

The ZAKURO (grenades) series reflects on the history of war in Japan and its connection to the present by contrasting ceramic hand grenades made in Japan during the Second World War, left discarded to this day, with the seemingly incongruous setting of the residential town constructed.
The DRIFT series contemplates on the passage of time and the accumulation and renewal of the everyday, using ceramic shards of the past which have been washed to and fro by the waves of the coast, and stacked marine transport containers that drift around the world; reminiscent of the various everyday commodities that compose our present-day lives.

The past, which can almost be imagined, is both a friendly neighbour and a ghost.
We who live in the present coexist side-by-side with the events of the past, and the ghosts of its land. I observe this, and the process through which the present day will become a ghost to the future—this is expressed in my artwork.

TESTIMONIAL

「ざくろ」シリーズは、第二次世界大戦中に作られた現在も捨てられたままの陶製手榴弾と、その上に建てられた住宅街の一見ちぐはぐな景色を基に、日本の戦争の歴史と現在の繋がりについて考えます。・・とステートメントにあった。

なるほど!

ここまでは現代アートのお決まりのご挨拶なのだが、ここからはすべてが消え去って・・作品がどう意味から逃れ続ける力があるのかが勝負である。1+1は2ですと言われても我々の世界には5も8もXもすべての値が成立可能なのだ。さて、散文から逃れてその魔法をどうやって仕掛けるのかが見ものと意地悪くオブジェを眺めてみる。

もちろんジオラマ系の作家は山のようにいるし、表現手法も特段新しいという事も無い。では選から外せるかというと、それぞれの作品が悩ましくもカワイイ仕草で「残してくださいね・・」っと言ってくる。きっと私を好きな人が待っていると・・。

そうだ!AFKはランデブーの場所!きっと誰かが待っている!

(公募)

It is said in her statement that the “”ZAKURO (grenades) series reflects on the history of war in Japan and its connection to the present by contrasting ceramic hand grenades made in Japan during the Second World War, left discarded to this day, with the seemingly incongruous setting of the residential town constructed””.

Intriguing!

A template introduction for contemporary art – what becomes important here, is how her work can carry on escaping from meaning. 1+1 may equal 2, but in our world any number, 5 or 8, even x can be legitimate. I observed her work critically to see how she performs magic to escape from her text.

There are of course many artists who work with dioramas, her method of expression is not necessarily new either. However, when contemplating whether to take her out of selection, her work starts sweet-talking me with a cute pose to “”keep me…””. That, someone who likes me is waiting for me…

Yes, AFK is a place for rendezvous! Someone must be waiting!

(Public)

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般社団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives