品川 美香 / Mika Shinagawa

PREV
NEXT

PROFILE

1988 熊本県生まれ

2016 京都造形芸術大学大学院 芸術研究科 芸術表現専攻 修士課程 修了

 

主な受賞歴

 

2016

    「2015年度 京都造形芸術大学修了展」最優秀賞大学院賞

 

主なグループ展

 

2017

    「群馬青年ビエンナーレ2017」群馬県立近代美術館(群馬)

    「Insecure Tide Land -International Art Exchange Exhibition」WINWIN ART 未藝術(台北/台湾)

 

2016

    「京都造形芸術大学修了展」ギャルリオーブ(京都)

    「ANTEROOM×SANDWICH 365日アートフェア」HOTEL ANTEROOM(京都)

 

2013

    「超藝-Transparency of Art-」ロストック市美術館(ロストック/ドイツ)

 

主なコレクション

 

    ロストック美術館、ロストック/ドイツ

    ベネットコレクション オブ ウーマンリアリスト、テキサス/アメリカ

 

1988 Born in Kumamoto, Japan

2016 M.A. in fine art, Kyoto University of Art and Design

 

Awards

 

2016

       Kyoto University of Art and Design Degree Show, Grand Prize

       Selected Group Exhibitions

2017

         “Insecure Tide Land -International Art Exchange Exhibition” WINWINART, Kaohsiung

         “TAIWAN ANNUAL Taipei” Taipei

         “Gunma Biennale for Young Artists 2017” Museum of Modern Art, Gunma

 

2016

         “ANTEROOM×SANDWICH” Hotel Anteroom, Kyoto

 

2013

         “Transparency of Art” Kunsthalle Rostock, Rostock

 

Collection

 

         Kunsthalle Rostock, Rostock Germany

         The Bennett Collection of Women Realists, Texas U.S.A

 

STATEMENT

 私は、子どもの存在に既知性・未知性、可愛さ・怖さ、可能性と危うさなどの両義性と二重性を見出し、描いている。それらは、私自身の中にも備わっているものであり、誰もが少なからず持っている普遍的なものだ。 時間・空間・生態系などのキーワードをもとに花・ミツバチ・宇宙・ストライプを構成した。アインシュタインは「ミツバチがこの世からいなくなったら、人類は4年以上生きられないだろう。」と言っているが、近年ミツバチが原因不明に大量に失踪する「蜂群崩壊症候群」という現象が様々な国で報告されている。

 効率性や利便性が優先される時代で、物心ついた時から生きづらさを感じてきた。

そんな時代だからこそ、一瞬一瞬の変化に注目し、時間をかけて絵を描き、細かく丁寧に仕上げる素朴な行為に価値があると考え、その行為を通して問い続けている。

I depict the ambiguity and two-fold nature that I find in children, such as the known and unknown, cuteness and scariness, and the possibility and dangers. These can also be found in myself, and in anyone as universal qualities. Flowers, honeybees, space and stripes are composed upon the keywords time, space and ecology. Einstein says “If the bee disappeared off the surface of the globe, then man would only have four years of life left.”, and in recent years, the colony collapse disorder where honeybees disappear in colonies for an unknown cause, has been reported in many countries.

Ever since I can remember, I have felt difficulties living in such a time where efficiency and convenience is prioritised.

Because it is such a time, I believe in the value of the simple processes, of focusing on each and every change, taking the time to paint, and carefully finishing off, and I continue to question through these processes.

Testimonial

品川美香は大学院修了展における大作で最高賞の大学院長賞に輝いた。その作品はテクノロジーが人間の理性に先立って存在した怪物であるというマルティン・ハイデガーの予言が、まさに2045年に現実として我々に訪れる未来を予知するものとして注目を集める。人間の子供か人工生命か判読不能な幼児が見つめる量子力学的空間と、農薬によって彷徨うミツバチたち。その大作が両備ホールディングスのコレクションされて以来、すべての新作が海を渡ってゆく。

 

(椿昇)

Mika Shinagawa received the highest award, the Graduate Award, at the Degree Show with her magnificent painting. This painting gained attention as foreseeing the future, where Martin Heidegger stated technology is a threat before man’s reasoning, that will come upon us in 2045 as a reality. A child indistinguishable if human or artificial intelligence that stares into a space of quantum mechanics, and honey bees that wonder due to agrichemicals. Ever since this painting joined RYOBI HOLDINGS’ collection, every piece of work she has made has travelled the seas.

 

(Noboru Tsubaki)