ヤノベケンジ Kenji Yanobe

Profile

1990年初頭より、「現代社会におけるサヴァイヴァル」をテーマに実機能のある機械彫刻を制作。ユーモラスな形態に社会的メッセージを込めた作品群は国内外から評価が高い。2005年、全長7.2mの《ジャイアント・トらやん》を制作。2008年以降、京都芸術大学ウルトラファクトリーで巨大彫刻の集団制作体制を確立。2011年、東日本大震災後、希望のモニュメント《サン・チャイルド》を制作し、国内外で巡回。3体のうち1体が茨木市(大阪)で恒久設置される。2017年、旅をして福を運ぶ、旅の守り神《SHIP’S CAT》シリーズを制作開始。2021年、最新作《 《SHIP’S CAT(Muse)》が2022年に開館した大阪中之島美術館に恒久設置され、注目を浴びている。

Experience

Selected Solo Exhibitions
2016 “Cinematize” Takamatsu Art Museum, Kagawa
2011 “TARO 100 Festival / Kenji Yanobe: Children of the Sun, Children of Taro” Taro Okamoto Memorial Museum, Tokyo
2009 “ULTRA” Toyota Municipal Museum of Art, Aichi
2003 “MEGALOMANIA” The National Museum of Art, Osaka
1997 “Survival System Train and Other Sculpture by Kenji Yanobe” Center for the Arts Yerba Buena Gardens, San Francisco, U.S.A., others