本山ゆかり / Yukari Motoyama

PREV
NEXT

PROFILE

1992
愛知県生まれ

2015
愛知県立芸術大学美術学部油画専攻 卒業

2017
京都市立芸術大学大学院美術研究科油画専攻 修了

 

個展

2018
東京・占い・ジャーニー(東京/volvo青山)
2015
SUPER FUNCTON(愛知 / YEBISU ART LABO)

〇じそうさく(愛知 / YEBISU ART LABO)

 

グループ展

2018
paint( )ings(東京/ YutakaKikutakeGallery)

2017
この現実の向こうに(国際芸術センター青森/青森)

裏声で歌へ(栃木 / 小山市立車屋美術館)

京都市立芸術大学制作発表展(京都 / 京都市立芸術大学)

2016
fabric, light and dirty (京都 / ARTZONE )

京都市立芸術大学制作発表展(京都 / 京都市美術館)

3331 Art fair (東京/3331アーツ千代田)

Art Osaka(大阪 / ホテルグランヴィア大阪)

絵画検討会2016(東京 / TURNER GALLERY)

はならぁとこあ「人の集い」(奈良)

2015
愛知県立芸術大学 卒業修了作品展(愛知 / 愛知県立美術館)

架設(京都 / 京都精華大学 )

2014
motion #2 (愛知 / 市民ギャラリー矢田 )

平成センチメンタル(愛知 / YEBISU ART LABO)

研究発表前研究発表展 (愛知 / 市民ギャラリー矢田)

must ABC item (愛知 / 名古屋市市政資料館)

2013
face 顔色 (愛知 / YEBISU ART LABO)
2012
460人展 (愛知 / 矢田市民ギャラリー)

GEISAI#17(東京 / 東京都立産業貿易センター台東館)

the land scape (愛知 / 愛知県立芸術大学アトリエ)

chibico apartment (愛知 / 岡崎シビコ)

1992
Born in Aichi
2014
B.A. Oil painting, Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music
2017
M.F.A Oil painting, Kyoto City University of Arts

 

Solo exhibitions
2018
“Tokyo/Fortune telling/Journey”, Tokyo
2015
“SUPER FUNCTON”, Aichi
2015
“Recycle and Redefine 〇”, Aichi

 

Group exhibitions
2018
“Paint( )ings”, Tokyo
2017
“Here and Beyond”, Aomori
“Singing in falsetto”, Tochigi
2016
“Meeting of painting, Tokyo
Kyoto University of Art, Student’s artwork show, Kyoto
“fabric, light and dirty”, Kyoto
2015
“Kasetu”, Kyoto
Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music, Graduation Show, Aichi
2014
“motion #2”, Aichi
“must ABC item”, Aichi
Studio Research presentation show, Aichi
Presentation for the presentation for studio Research show(Aichi/Japan)
“Heisei sentimental”, Aichi
2013
“face”, Aichi
2012
“Chibico apartment”, Aichi
“The land scape”, Aichi
“GEISAI#17”, Tokyo
“460artist show”, Aichi

STATEMENT

 例えば、わたしは蝋燭と花がうまく描けません。ただ形をなぞることは出来ますが、本当の意味で描くことは出来ません。きっと思い入れが強すぎるからです。それは絵画的な文脈や、個人的な思い出のことであったりします。自身と生活というのは切っても切り離せないことは自明ですが、それでもなおそれを遮断して、描くという行為のみに向き合うことにしました。そうすれば本当の意味で描くことのできるものがあると知ったからです。

 「画用紙」シリーズでは、デジタル上で行ったドローイングを見ながら、透明なアクリル板の裏面から白と黒 のアクリル絵の具で描いていきます。はじめにデジタルのお絵描きソフト上でのドローイングを行い、時間の蓄積がほとんど無く質感も無いという特徴を踏まえて「図」のみの良し悪しを判断します。その後少し時間をおいて、どのドローイングを用いてアクリル板に絵を描くのか決めます。ここで 選んだものは、これ以降「モチーフ」という立ち位置になります。

(2018年8月25日)

For example, I cannot draw candles or flowers. I can trace their shapes, but not draw them in the true sense. I probably feel too attached to them – in the context of paintings and personal memories. It is obvious that one cannot disconnect the self and life from each other, but nonetheless I tried to separate the two to concentrate on the act of drawing. Because then, I knew that I could draw in the true sense.

In the Cartridge Paper series, I paint on the back of a transparent acrylic board in black and white acrylic paint, while referring to a digital drawing. By creating a drawing using digital software first, I judge how it looks purely as a picture, making use of the characteristics that no texture or course of time exists. After a while I will decide which drawings I will use to paint of the acrylic boards; the drawings selected here become the motifs.

TESTIMONIAL

表象された画面を見るといわゆる「イラスト」という区分に配置される作品だが・・なぜかひっかかるところがあって最終選考に残る。その後作品を見た直感を確認するために彼女の言葉を読む。

 

「ドローイングを中心に日常や現代社会における気付きを、女の子とパンツに投影する。幼少期の言語体験から感情を伝達する文字(FONT)に興味を持ち、文字を学ぶために多摩美術大学グラフィックデザイン学科に入学」(以下略)。

 

不思議な経緯でFONTに至った過程をあれこれ空想しながら再度画面をたどってゆく。単にガーリーな作品だけなら過ぎたトレンドの残照として通り過ぎたかもしれない表象に、なにかを探す自分がそこにいる。

 

アンディー・ウォーホールのシューズのドローイング、アンリ・マチスのダンスを想起させる抽象化されたフォルムと色。最後まで疑問が残り続ける作品はきっと成長し続けるに違いない。なぜならアートは答えではなく問いなのだから。

 

(ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会)

The ideas depicted on her canvas show that this would typically be categorised as illustration, however, there was something catching about it, staying to the final selection. I then checked her statement to confirm my instincts upon seeing her work.

 

“I project my thoughts and feelings provoked from daily or social life into drawings as girls and panties. Since I spent my childhood in the U.S. and noticed that writing expresses emotions, I have been interested in characters (font) that evoke feelings. I entered Tama Art University to learn the basics of communication design and typography”.

 

I retraced the canvas, fantasising about the strange stories that led her to the world of fonts. If it were just girly, the presented ideas may have been dismissed as an old trend, but I find myself searching for something.

 

The forms and colours are reminiscent of Andy Warhol’s drawings of shoes, or Henri Matisse’s Dance. Any piece that leaves questions until the very end, is sure to show development. Art is after all, a question not an answer.

 

(ARTISTS’ FAIR KYOTO Organising Committee)

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般財団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives