陸瑋妮 WEI-NI LU

Profile

台湾 台北。2014年 台北実践大学建築設計専攻卒業後翌年渡日。
2019年 京都市立芸術大学院絵画科版画専攻修了。プリンティングやアートブックなどの制作を行い、京都を拠点に活動。

Taiwan, Taipei. 2014 Graduated from Architecture, College of Design Shih Chien University, then moved to Japan the following year.
2019 Graduated from Printmaking, Kyoto City University of Arts. Based in Kyoto, printing and making art books.

Experience

学歴
2014年 台北実践大学建築設計専攻 修了
2019年 京都市立芸術大学 美術学部 美術科 版画専攻 卒業

展覧会
2017
「still moving 2017: 距離へのパトス far away/so close」 ‒ 「フローとストック」プロジェクト , 元崇仁小学校 / 京都
「Stone Letter Projectー石からの手紙 #1」, galleryTRI-ANGLE / 兵庫
「第6回 NBCメッシュテック シルクスクリーン国際版画ビエンナーレ展」 佳作, 有楽町朝日ギャラリー / 東京
2018
「Waddling Image」, 空場Polymer / 台北
「第29回京都市立芸術大学留学生展」, KCUA京都市立芸術大学ギャラリーアクア / 京都
「第43回 全国大学版画展」, 町田市立国際版画美術館 / 東京
2019
「Scene,Line and Scene」, にっぽん丸ギャラリー / 日本
「京都市立芸術大学制作展」奨励賞 , 京都市立芸術大学 / 京都
2020
「アートとTシャツと私」, hakuギャラリー / 京都
「LOOPEND」, 京都精華大学ギャラリーフロール / 京都

Education
2014 B.F.A Architecture, College of Design Shih Chien University
2019 M.F.A Printmaking, Kyoto City University of Arts

Exhibitions
2017
“Still Moving 2017: The Socialism of Distance – Far Away/So Close” – “Flow and Stock Project” Suujin Elementary School (Kyoto)
“Stone Letter Project #2 – Dialogs through the limestones#1″ Takarazuka University gallery TRI-ANGLE (Hyogo)
“NBC Meshtec Tokyo Screen Print biennale” Yurakucho Asahi Gallery (Tokyo)
2018
“Waddling Image” Art Space Polymer (Taipei)
“The 29th International Students’ Exhibition Kyoto City University of Arts” @KCUA (Kyoto)
“The 43rd Annual Exhibition of the Japan Society of Printmaking” Machida City Museum of Graphic Arts (Tokyo)
2019
“Scene, Line and Scene” Nippon Maru Gallery (Japan)
“KCUA Annual Exhibition” Incentive Award, Kyoto City University of Arts (Kyoto)
2020
“Art and Tshirt and I” haku kyoto (Kyoto)
“LOOPEND” Kyoto Seika University Gallery Fleur (Kyoto)

Statement

異なる印刷技法を用いて作品制作を行う。コンピュータ、プリンターの中にある独特な質感に着目し、デジタルや手描きの線を弄って間接的なドローイングしている。「描く」という作業を通して、消された部分と残りの部分を意識しながら、より複雑な層を生み出す。本来目に見えない風景を1つの面にプリントし上げる。

I use different techniques of printing in my production. Focusing on the unique texture of computers and printers, I play with the digital and hand-drawn lines to indirectly create drawings. Through ‘drawing’, being conscious of what is erased and what is left, I create various subtle layers. The scene which is not supposed to be visible, is united and printed onto the same plane.