岩瀬海 Umi Iwase

Profile

略歴
1998年 三重県生まれ
2021年 京都精華大学 芸術学部 造形学科 卒業
2021年 秋田公立美術大学 複合芸術研究科 在籍 

Born in Mie, 1998. Graduated from Kyoto Seika University, Sculpture Course in 2021. Enrolled in master’s program at Akita University of Art.

Experience

西暦年生まれ:1998年 三重県生まれ

学歴(古い順)
2021年 京都精華大学 芸術学部造形学科 卒業
2021年 秋田公立美術大学 複合芸術研究科 在籍

グループ展

2020年「セキソウ」 ドラフトギャラリー (京都)
2021年「京都精華大学展2021 PICKS!」京都精華大学サテライトスペースDemachi (京都)
2021年「滓-echo of the mine-」アラヤニノ (秋田)

Born in Mie, 1998
Graduated from Kyoto Seika University, Sculpture Course in 2021
Enrolled in master’s program at Akita University of Art

Group exhibitions
2020 “Sekisou” Draft gallery (Kyoto)
2021 “Kyoto Seika University Associated Exhibition of Graduation Exhibition 2021 PICKS!” Kyoto Seika University Satellite space Demachi (Kyoto)
2021 “SLUG -echo of the mine-” NINO Gallery (Akita)

Statement

これまで私はジェンダーをテーマに彫刻作品を制作してきました。
日常に蔓延る違和感に目を向けて、我々の中にある潜在的な暴力性について考えています。
見えにくい、あるいは見ようとしない問題だからこそ、物と物とが拮抗するバランス感覚を大切にしながら、作品として可視化します。
ジェンダーに関しては誰もが当事者であるはずです。作品を通して問題意識を広げていくのが狙いです。

The theme of my sculptural work is gender.
Looking at the discomfort of everyday life, I think about the potential violence within us all.
As gender issues are hard to see, or people don’t want to see them, I visualize them through my work, being careful about the balance between materials.
All people are involved in gender issues. I want to expand people’s awareness towards this issue through my work.