高木智子 / Tomoko Takagi

PREV
NEXT

PROFILE

[個展]
2013
髙木智子 個展 / ギャラリーモーニング(京都)
2014
髙木智子 個展 / ギャラリー恵風(京都)
2015
髙木智子展 /アルトテックギャラリー堀川団地(京都) 2016 髙木智子 個展 / ギャラリー恵風(京都)
2017
髙木智子 個展 「無関係をなぞる」/ COHJU contemporary art(京都)

 

[グループ展 ]
2015
新鋭選抜展 琳派400 年記念 / 京都文化博物館(京都)〈読売賞〉’16’17
髙木智子・山下拓也展「他人のセンス」/ アートコートギャラリー(大阪)
2016
ウッホッホウホウホアートショー / 波さがしてっから(京都)
京都市立境谷小学校作品展 / 京都市立境谷小学校(京都)’17’18
不安な干潟-Insecure tide land- / 福利社Frees art space (台北)
2017
植木鉢のある風景展 / ギャラリーモーニング(京都)
絶不可愛? Unsweetend? ‒Japanese Contemporary art show- / House Art 現代芸術 (桃園)
不安な干潟-Insecure tide land- /WINWIN ART 未藝術 (高雄)
2018
プレゼンス / AYUMI GALLEY (東京)
「15 年」/ アートコートギャラリー(大阪)

Solo Exhibitions
2017
Tomoko Takagi Solo Exhibition “Trace irrelevant” COHJU contemporary art, Kyoto
2016
Tomoko Takagi Solo Exhibition, Gallery Keifu, Kyoto
2015
Tomoko Takagi Solo Exhibition, ARTOTHEQUE, Kyoto
2014
Tomoko Takagi Solo Exhibition, Gallery Keifu, Kyoto
2013
Tomoko Takagi Solo Exhibition, Gallery Morning, Kyoto

 

Group Exhibitions
2018
“Presence” AYUMI Gallery, Tokyo
“15 years” ARTCOURT Gallery, Osaka
2017
“STILL LIFE Painting 2017” Gallery Morning, Kyoto
“Unsweetend? ‒Japanese Contemporary art show- ” House Art, Taiwan
“Insecure tide land” WINWIN ART, Taiwan
2016
“Uhhohhouhouho Art Show” Nami Sagasittekkara, Kyoto
Sakaidani Elementary School Work Exhibition, Sakaidani Elementary School, Kyoto (’17 ’18)
“Insecure tide land” Frees art space, Taiwan
2015
“Selected Artist in Kyoto: 400th Anniversary of RINPA” The Museum of Kyoto, Japan(’16 ’17)
“The sense of others” ARTCOURT Gallery, Osaka

STATEMENT

 「視覚は何を捉えているのか」という疑問から、絵画におけるモチーフ(意味内容と空間)とイメージ(色と物質)の間を描いている。この二つの事象が、互いに互いを創りだす要素でありながらも抑圧しあう事に着目し、平面の表面で揺らぐ認識の違いを探っている。

 「誰かが飾り付けたもの、選んだものの関係性」を主なモチーフにしている。小さなショウウィンドウや自宅の庭先で見つけられるモノたちは、”誰か”の嗜好によって集められ並べられたものであり、独特な佇まいと表情を持っている。私はその、すべて理解できない距離感に心地よさを見出し、その都度描き出す発端となっている。

 アルキド樹脂と油絵具によって出来る透明な層は混ざりあい、筆で押し広げた絵具の塊が連なり重なっていく。モチーフを追いかける筆触とモチーフが何であるかは、絵具によって表されると同時に、その粘り気と色彩によって妨げられる。私はそのどちらの魅力も手放す事は出来ず、描く時は必ず多くのモノが抜け落ちていく。見落とした形・モノ・色があるという事が私の作品では重要なファクターとなる。モデルとなる対象物の持つ関係性の序列や造形などとの絶対的な距離感がある中で、何度も確認し撫で回していく行為ことこそが”描く事”になっている。

What does the sense of sight perceive? My painting expresses the midpoint of the motif (semantic content and space) and the image (colour and material). I focus on things where each suppresses the other, while simultaneously providing room for the other to grow, and explore the difference in recognition from the surface. Objects that someone has arranged, and the relationship between those objects are the motifs of my paintings. Things found in a show-window or someone’s garden is displayed according to somebody else’s taste, and hence possess a unique aura and grace. I find a kind of comfort in this unfamiliarity with those objects, which becomes the creative beginning of my works. Transparent layers made from alkyd resin and oils mingle with each other, and lumps of medium spread out with the brush pile up gradually. This medium enables me to express the stroke of a brush, pursuing the shape of a motif, and at the same time, hampers expression with its stickiness and colour. I am unable to ignore both of these properties, and because of this, some parts of the motif slip out in the painting process. One important aspect in my work is that there is always something I’ve lost while painting. Making strokes with the brush while ruminating upon the immovable distance between my thoughts and the subject, is to me what it means to “paint”.

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般財団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives