堀川 すなお / Sunao Horikawa

PREV
NEXT

PROFILE

1986 大阪の発明家の家系に生まれる

2008 クーパーユニオン芸術大学交換留学(ニューヨーク)

2010 京都精華大学 芸術学部 造形学科 洋画専攻 卒業

2012 京都市立芸術大学 美術研究科 絵画専攻油画分野 終了

2014 大阪府江之子島文化芸術創造センターenocoにて滞在制作

2015-2016  ポーラ美術振興財団在外研修員としてニューヨークにて研修

 

個展

 

2015

    「解釈と行為 SEEING AND PRACTICING」大阪府江之子島文化芸術創造センターRoom.2(大阪)

 

2013

    「クリテリオム87 堀川すなお」水戸芸術館現代美術ギャラリー第9室(茨城)

 

グループ展

 

2017

    「清流の国ぎふ芸術祭 ART AWRD IN THE CUBE 2017」岐阜県美術館(岐阜)

 

2015

    「群馬青年ビエンナーレ2015」群馬県立近代美術館(群馬) 奨励賞受賞

 

2012

    「VOCA展ー新しい平面の作家たち2012」上野の森美術館(東京)

 

2011

    「G tokyo 2011」森アーツセンターギャラリー(東京)

 

パブリックコレクション

 

京都銀行

JAPIGOZZI Collection

1986 Born in Osaka to a family of inventors

2008 Exchange student to the Cooper Union School of Art, New York

2010 B.F.A. in oil painting, Kyoto Seika University

2012 M.F.A. in oil painting, Kyoto City University of Art

2014 Residency at Enokojima Art, Culture and Creative Center, Osaka

2015-2016 Fellowship for Oversea Research, POLA Art Foundation

 

Solo Exhibitions

 

2015

    “SEEING AND PRACTICING” Enocojima Art, Culture and Creative Center Room 2, Osaka

 

2014

    “Criterium 87 Sunao Horikawa” Art Tower Mito Contemporary Art Gallery room 9, Ibaraki

 

Group Exhibitions

 

2017

    “Art Award IN THE CUBE” The Museum of Fine Arts Gifu, Gifu

 

2015

    “The Gunma Biennale for Young Artists 2015” The Museum of Modern Art, Gunma, Gunma. Jury’s Prize

 

2012

    “VOCA 2012 -The vision of contemporary art-” The Ueno Royal Museum, Tokyo

 

2011

    “G tokyo 2011″ Mori Arts Center Gallery, Mori Tower, Tokyo

 

Public Collections

 

Bank of Kyoto

JAPIGOZZI Collection

 

STATEMENT

解釈のメカニズムに興味があり制作しています。

I’m interested in the mechanism of interpretation.

Testimonial

『目の前にある もの その本来の姿を探るため、制作をしています。』と堀川は言う。言葉で示される「もの」の姿を、他人の頭の中を覗くように観察と分析を行い探求する。そこから堀川が紙の上で、まるで図面のように描き起こしていくその線は、繊細で人の目では見ることはできないが、まるで真実を描いているかのように見える。
『ものの名前を聞いたとき、私たちの頭の中では容易にその形をイメージすることができます。その共通のイメージによって私達はコミュニケーションを図っています。しかし実際に目の前にあるモノと、そのイメージは同じかどうか。今まで知っていると思い込んでいたものは一体何だったのか…』堀川の心が形になるとき、人間の共有しているイメージの探求が始まる。

 

(塩田千春)

“I create to search for the true state of what lies in front of me.” says Horikawa. She observes and analyses to explore the state of the thing, as if looking into a persons mind. The lines which she then draws upon paper like a diagram, appear to be representing the truth although it is too delicate to be seen by the human eye. “When we hear the name of something, we can easily think of its shape in our minds. We communicate through this mutual image. But is the thing in front of us really the same as our image? What on earth was what we believed we knew…?” The pursuit of the shared image of humans begins, as Horikawa’s mind takes shape.

 

(Chiharu Shiota)