水無瀬翔 / Sho Minase

PREV
NEXT

PROFILE

1984年京都府生まれ。2019年京都市立芸術大学大学院美術研究科メディア・アート領域修了(美術博士)。博士論文「弱い技法: 問いを誘発するメディア=アート」。2012年情報科学芸術大学院大学メディア表現科修了(メディア表現修士)。受賞歴に「清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017」鷲田清一賞。個展に「DEMO DEPO 沓掛出張所」(京都)。グループ展にHouse of Day, House of Night(京都)、文化庁海外メディア芸術祭参加事業企画展「Daily Reflections」Total Museum of Contemporary Art(ソウル – 韓国)など。

 

学歴
2019
京都市立芸術大学大学院 美術研究科 メディア・アート領域 修了
2017
ロイヤル・カレッジ・オブ・アート 博士課程 交換留学
2012
情報科学芸術大学院大学 メディア研究科 修了
2009
京都市立芸術大学 美術学部 美術科 構想設計専攻 卒業

 

受賞歴
2017
清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017 鷲田清一賞(岐阜)
2009
京都市立芸術大学 同窓会賞(京都)

 

個展
2018
DEMO DEPO 沓掛出張所 / 京都市立芸術大学大学会館ホール / 京都
2009
I/F / AD&A Gallery / 大阪

 

グループ展
2017
Supersorry. / Royal College of Art / ロンドン – 英国
2017
清流の国ぎふ芸術祭 Art Award IN THE CUBE 2017 / 岐阜県美術館 / 岐阜
2016
House of Day, House of Night / 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA / 京都
2016
Art Obulist 急げ、ゆっくり / 大府市勤労文化会館 / 愛知
2014
文化庁海外メディア芸術祭参加事業企画展「Daily Reflections」 / Total Museum of Contemporary Art / ソウル – 韓国
2013
仕草の肖像 -真似ること、真似ること、真似ること- / N-mark / 名古屋

Born in Kyoto, 1984. Received doctor’s degree in new media arts from Kyoto City University of Arts, 2019. Doctoral degree thesis – “The Art of Vulnerability: A Study of Art as Super-social Practice”. Received master’s degree in media creation from Institute of Advanced Media Arts and Sciences, 2012. Awards include “Art Award IN THE CUBE 2017” Jury Award (Gifu). Solo exhibitions include “DEMO DEPO The Kutsukake temporary branch” (Kyoto). Group exhibitions and festivals include “House of Day, House of Night” (Kyoto) and “The Japan Media Arts Festival at Total Museum of Contemporary Art Joint Special Exhibition: Daily Reflections” (South Korea).

 

Education
2019
Ph.D. Media Arts, Kyoto City University of Arts, Japan
2017
Doctoral Research Programme, Royal College of Art, UK
2012
Master of Media Creation. Institute of Advanced Media and Science, Japan
2009
B.F.A. Kyoto City University of Arts Major: Conceputual and Media Plannning, Japan

 

Awards
2017
Art Award IN THE CUBE 2017, Jury Prize
2009
Kyoto City University of Arts Annual Exhibition, Alumni Association Award

 

Solo exhibitions
2018
“DEMO DEPO The Kutsukake temporary branch”, Kyoto City University of Arts, Kyoto
2009
“I/F”, AD&A Gallery, Osaka

 

Group exhibitions
2017
“Supersorry.”, Royal College of Art, UK
2017
“Art Award IN THE CUBE 2017”, The Museum of Fine Arts, Gifu
2016
“House of Day, House of Night”, Gallery @KCUA, Kyoto
2016
“Art Obulist 2016 Hurry! slowly”, Obu Labor and Culture Hall, Aichi
2014
“The Japan Media Arts Festival at Total Museum of Contemporary Art Joint Special Exhibition: Daily Reflections”, Total Museum of Contemporary Art, South Korea
2013
“Portraits of gesture: imitation, imitation, imitation”, N-mark, Aichi

STATEMENT

私は、現実もまた虚構、つまり多くの人に信じられた虚構のひとつであり、いつでも他の虚構と入れ替わる可能性を秘めていると考えます。
この視点に立ち、芸術を現実と虚構が混ざり合う人工的空間として捉え、現実と虚構の区別を取り払うために、思弁的なアプローチを用いた芸術実践を行なっています。
思弁的な状況構築によって未知の公共性を演出し、オフィシャルな公共概念によって構築された暗黙の了解の打破を試みています。

Through my artwork, I explore the concept of a fictional reality: the fictional beliefs that are commonly upheld by many people, and the reality that fiction can potentially replace them at any time.
In other words, I regard art as a place where reality and fiction coexist. In order to blur the distinction between reality and fiction, I make use of speculative approaches in my work.
By constructing such speculative situations, I create an unfamiliar commonality and try to break down the tacit understanding established by official public concepts and preconceived ideas.

TESTIMONIAL

簡便なデジタル技術を用いて作り出される虚構の複雑な社会システムが「現実の社会とは何か」を問いけます。市場原理に基づく作品の売買が生々しく繰り広げられる会場の中で、絵画の価値の変動を物理的に繰り返す様は、署名に依拠する近代以降の美術作品に対するアイロニカルな存在です。しかしながら、そのコミカルで愛らしい動きは凝り固まった観念を揉みほぐす芸術的な実践の場をつくりだしてくれることでしょう。

 

(人長果月)

一般財団法人 川村文化芸術振興財団

一般財団法人 ニッシャ印刷文化振興財団