木津本麗 Rei Kizumoto

Profile

1998年滋賀県生まれ。2021年京都市立芸術大学卒業。同年、京都芸術大学修士課程美術工芸領域油画専攻入学。植物の形と色彩を使い抽象的なペインティングを制作。

Born in Shiga, 1998. Graduated from the Painting Course, Kyoto City University of the Arts, 2021. Currently enrolled in the Master’s program at Kyoto University of the Arts. I create abstract work using plant shapes and colors.

Experience

1998年 滋賀県生まれ

学歴(古い順)
2017年 京都市立芸術大学美術学部 入学
2021年
京都市立芸術大学美術学部油画専攻 卒業
京都芸術大学修士課程芸術研究科美術工芸領域 油画専攻 在籍

グループ展
2021年「隣の島」MEDIA SHOP | gallery (京都)

Born in Shiga, 1998

2021 Graduated from Painting Course, Kyoto City University of the Arts.
Enrolled in Master’s Program at Kyoto University of the Arts

Group Exhibitions
2021 “Next island” MEDIA SHOP gallery (Kyoto)

Statement

植物は私が幼い頃から様々な形で生活に溶け込んでいました。木や花は生まれ持った形があります。しかし私たちはこうした植物を生きていく上でさまざまな姿に変えていきます。
私は絵の具で色面や植物のピースを作り、時にそれらを切ったり、破ったりして色によって作られる空間を考えながら、パズルのように支持体上を作り変えていきます。有機的な植物の形と無機的な色面の境目を行き来することが私の絵画です。

Plants have had a huge place in my life in various ways since I was a child. Trees and flowers have natural shapes. However, we change the shapes of these plants in various ways in our daily lives.
I make colored planes and shapes of plants with paints, which I then cut or tear, and recreate the canvas thinking of how the colors will compose the space, like a puzzle. To me, painting is to go back and forth between the border of organic plant shapes and inorganic colored planes.