小林椋 / Muku Kobayashi

PREV
NEXT

PROFILE

1992 年生まれ。2017 年,多摩美術大学大学院美術研究科修士課程情報デザイン領域修了。 現在は京都市立芸術大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻に在籍。

Born in 1992
2017 M.F.A. Information Design, Tama Art University

Currently enrolled in a Master’s Course in Sculpture at the Kyoto City University of Arts

STATEMENT

木製のオブジェによるキネティックな動きによってささやかな音を発する音響装置から,近年ではヴィデオカメラやディスプレイといった映像機材などと組み合わせたインスタレーションを制作する。

Kobayashi creates installations that incorporate sound devices where wooden objects emit small sounds from kinetic movements, and also video equipment such as video cameras and displays in recent years.

TESTIMONIAL

小さな仕組みの組み合わせによって、未知の知覚を生み出そうとする実験が小林の作品であり、それらは工芸的な映像感覚のようなものだと感じる。それらは今は個人的な模型のようなものではあるが、彼の積極的な発表の経験や、地道な実践と実験によって、大きな世界に揺らぎや綻びを与える日は遠くない気がする。

(金氏徹平)

Kobayashi’s works are experiments to create unknown senses, by combining small mechanisms, which are similar to craft-like visual experiences. They currently seem like models and are personal, however, through gaining more experience in presentation and conducting practice and experiment, the day he will manage to create a seam or fluctuation in this vast world, is not too far.

(Teppei Kaneuji)

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般社団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives