中村 萌 / Moe Nakamura

PREV
NEXT

PROFILE

1991 京都生まれ

2014 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース 卒業

2016 京都造形芸術大学 大学院 芸術表現専攻 ペインティング領域 修了

 

展覧会

 

2015

    「SPURT2015 京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修士2回生作品展」ギャルリオーブ(京都)

    「一枚の絵画の力」東京造形大学大学院・京都市立芸術大学大学院・京都造形芸術大学大学院 交流展 Pr PROJECTS(京都)

 

2016

    「どこにもない新しい場所-Nowhere but Somewhere New-」Director鬼頭健吾(西武渋谷店B館8階=美術画廊(東京)

 

2015

    「2015年度度京都造形芸術大学大学院修了展」京都造形芸術大学(京都)

    「a.a.t.m. アートアワードトーキョー丸の内2016」丸ビル(東京)

    「U・29 Under 29 Artists Exhibition 2016」GALLERY MoMo Ryougoku(東京)

 

受賞歴

 

2016

    「a.a.t.m.アートアワードトーキョー丸の内2016」審査員 高橋明也賞 受賞

 

コレクション

 

京都信用金庫

 

1991 Born in Kyoto

2014 B.F.A. in oil painting, Kyoto University of Art and Design

2016 M.F.A. in painting, Kyoto University of Art and Design

 

Group exhibitions

 

2016

        “Under 29 Artists Exhibition 2016” GALLERY MoMo Ryogoku, Tokyo

         “Art Award Tokyo Marunouchi 2016” Marunouchi Building, Tokyo

         “Kyoto University of Art and Design Graduation Exhibition” Kyoto University ofArt and Design, Kyoto

         “Nowhere but Somewhere New” Director: Kito Kengo, SEIBU SHIBUYA ART GALLERY, Tokyo

 

2015

         “-The Power of a piece of painting-“ Tokyo Zokei University, Kyoto City University of Arts, Kyoto University of Art and Design exchange exhibition, Pr PROJECTS, Kyoto

         “SPURT2015” Galerie Aube, Kyoto

 

Awards

 

2016

         Art Award Tokyo Marunouchi 2016, Akiya Takahashi Jury Prize

 

Public collections

 

THE KYOTO SINKIN BANK

 

STATEMENT

私はドローイングをもとに、作品制作をしています。光・生命・音楽・キャンディー。もし、旅をするなら、私の絵を“風の通る部屋”へ連れて行ってほしい。

それは、ケーキと少し似てる。食べるとふわっとスポンジ生地やなめらかなクリーム、もしかしたらナッツや果物が入っているかもしれない。パリッ、ふわっ、とろっ、ぐにゅ。きっとおいしくて、やみつきになるはず。

I create my works based on drawings. Light, life, music and candy. If my paintings are to travel, I hope they will be taken to a “well-ventilated room”.

It is somehow similar to a cake. The soft sponge and smooth cream in your mouth, and maybe there are nuts or fruits too. Crispy, puffy, creamy, squishy. So tasty, that it will surely win your heart.

Testimonial

中村萌は大学院修了展の超大作によって耳目を集める存在となった。その作品は絵の具そのものが絵の具である事から解放されて、パティシエの手になる最高のスイーツのように振る舞うという不思議な画面を持ち、誰もがその複雑で光に満ちた地形の虜になってしまうのである。すべての絵の具も装飾も美術史や意味という重荷から解放されて底抜けに幸福なのである。この大作は現在京都信用金庫のコレクションとなり、重要な会議をそっと見守る女神となっている。

 

(椿昇)

Moe Nakamura has received much attention with her monumental painting at the Degree Show. In the painting, paint is relieved from the fact that it is paint, to hold a mysterious face like a confectionery created by the hands of a pâtissier, captivating everybody with its complex and gleaming landform. Each and every paint and decoration is free of the burdens of art history and meaning, and is bottomlessly happy. This painting is a part of the Kyoto Shinkin Bank’s collection, as a goddess quietly watching over important meetings.

 

(Noboru Tsubaki)