水谷 昌人 / Mizutani Masato

PREV
NEXT

PROFILE

1990 大阪府生まれ   

2013 京都造形芸術大学 美術工芸学科 洋画コース 総合造形ゼミ 卒業

2016 京都市立芸術大学大学院 美術研究科 絵画専攻 油画コース 修了

 

個展

 

2017

    「voltex」青春画廊(京都)

2016

    「水谷昌人展」TS4312(東京)

2015

    「UNREADY’UN ODYSSEY」gallery take two(京都)

 

グループ展     

 

2017

    「京芸 transmit program」京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA (京都)

    「JOINT EXHIBITION」スタジオハイデンバン(京都)

 

2016

    「Under 29 Artists Exhibition 2016」GALLERY MoMo(東京)

 

受賞歴

 

2016

    「a.a.t.m. アートアワードトーキョー丸の内 2016」丸ビル 建畠晢 賞

 

2015

    「ワンダーシード 2015」入選

 

1990 Born in Osaka

2013 B.F.A. in oil painting, Kyoto University of Arts and Design

2016 M.F.A. in oil painting, Kyoto City University of Arts

 

Solo Exhibitions

 

2017

        ”voltex” gallery of the youth

 

2016

          ”Msato Mizutani exhibition” TS4312

 

2015

          ”UNREADY’UN ODYSSEY” gallery take two

 

Group Exhibitions

 

2017 

          “KCUA transmit program” Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA, Kyoto

          JOINT EXHIBITION” STUDIO HAIDENBAN, Kyoto 

 

2016

          “Art Award Tokyo Marunouchi 2016” Marunouchi Building, Tokyo, Akira Tatehata Prize

          “Under 29 Artists Exhibition 2016” GALLERY MoMo, Tokyo

 

2015

          “Wonder seeds Contest 2015” Tokyo Wonder Site, Tokyo

 

STATEMENT

キャンバスに絵具を一層ずつ何度も平らに塗り重ねることである一定の連続された時間の流れを物質化する。その物質化された一定の時間を彫り削り穴の空いたキャンバスの裏側から絵具を打ち出す。それは絵画を正面から視た場合と対照的な時間感覚を体験しながら描画行為に臨むことができる。現在から過去へと過去から現在が合わさるとき初めて出会いのような経験を私は感じ取ることができる。

I aim to materialise a constant sequence of time by painting layers of pigment again and again onto the canvas. I then scrape and carve at the materialised sequence of time, squeezing paint through a hole from the back of the canvas. This allows me to paint with a sense of time contrasting that of which can bee seen from the front. I can experience an encounter for the first time, when these two vectors from the present to the past, and the past to the present meet.

Testimonial

水谷の作品の特徴として、パネルの背後に20世紀の絵画の巨匠達の作品をコピーした画像を貼り、そのイメージ

の形や色を起点に、背面から汚物が排出されるかのように絵具を絞り出す、という極めて特徴的な方法論で制作し

ている。そして、小型の作品サイズも相まって、絵画史の重層から吐き出された絵具は絵画がフィジカルを獲得し、

作家の内に籠る内省を伴いつつ、内蔵をぶちまけられたかのように見える。水谷の絵画は情報が物体を超えて立ち上がる

現代において、まさに「生者」を求めて彷徨うゾンビのようだ。

 

(大庭大介)

As a characteristic of Mizutani’s work, he uses a very unusual method by placing a copied image of paintings by the masters of the 20th century on the back of the panel, to squeeze out paint based on the shapes and colours of the image from the back, as if waste is being emitted. With the small size of the paintings, the paints emitted from the duplicated history gain physical shape, showing the self-reflections within the artist, and look as if entrails have been thrown up. Mizutani’s paintings are like wandering zombies in search for life, in a time where information leaves from the material body.

 

(Daisuke Ohba)