大和美緒 Mio Yamato

Profile

1990年滋賀県生まれ。京都在住。
2015 年京都造形芸術大学大学院総合造形領域修了。
ドットの連なりや一定の曲線など、ある単位やパターンを反復することで画面や空間全体を覆う作品を制作する。
主な個展に 「project N 74 大和美緒 YAMATO Mio」(2018 年、東京オペラシティアートギャラリー/東京)、「VIVID-STILL: 静か。鮮烈で_」 (2017 年、Gallery PARC、COHJU contemporary art /京都)など。
主な受賞に「Fundación Casa Wabi Woman Artist Residency Award」(2020 年、CASA WABI 財団 )「アートアワードトーキョー丸の内 2015」小山登美夫賞 (2015 年、アートアワードトーキョー丸の内 2015 実行委員会)、CAF賞2015 山口裕美賞 (2015 年、公益財団法人現代芸術振興財団)など。

Born in 1990 in Shiga. Lives and works in Kyoto.
Mio Yamato received her M.F.A in Contemporary Art from Kyoto University of Art and Design in 2015.

Yamato has won several art prizes in Japan such as Art Award Tokyo Marunouchi (2013), Contemporary Art Foundation Art Award (2015), and in 2020, won the Fundación Casa Wabi Woman Artist Residency Award and got an invitation to their Artist Residency Program in Puerto Escondido, Oaxaca, Mexico. Her works have been exhibited in galleries across Tokyo, Hong Kong, and London, including exhibitions at Tokyo Opera City Art Gallery (2019) and Kyoto City KYOCERA Museum of Art (2020).

Experience

1990 滋賀県生まれ

学歴
2013 京都造形芸術大学 美術工芸学科総合造形ゼミ 卒業
2015 京都造形芸術大学 大学院 総合造形領域 名和晃平ゼミ 修了
     
個展
2014 「aspect of LUMINOUS RED」Gallery PARC (京都)

2017 「VIVID STILL: 静か。鮮烈で_」COHJU contemporary art & Gallery PARC (京都)
2019 「Project N」オペラシティアートギャラリー (東京)

2021 「BLAZING IN THE SEA OF LOVE」VISIONARIUM THREE SHIBUYA / THREE AOYAMA (東京)

グループ展
2013 「キテ、ミテ中之島 ミテ キテ ミュージアム 2013」京阪電鉄 中之島駅、大阪
   「[ Con ] Temporary Commune」Gallery PARC、京都

2015 「WEEKEND 2: コシノヒロコ × 大和美緒 」KHギャラリー芦屋、兵庫
   「混沌から躍り出る星たち 2015」スパイラルガーデン青山 、東京
   「ART AWARD tokyo marunouchi 2015」丸ビル1F マルキューブアトリウム (東京)

2016 「CAF賞選抜展」HOTEL ANTEROOM KYOTO、京都

2018 「セイシュンカタカタ」青春画廊千北 (京都)
   「1.2.3.4.5」rin art association (群馬)
2019 「Transparency」HOTEL ANTEROOM KYOTO (京都)
2021 「EMILIO PUCCI collection 2021 TOMO KOIZUMI」BA-TSU ART GALLERY (東京)
   「Up_01」銀座蔦屋書店 GINZA ATRIUM、東京
   「KYOTO STEAM 2020 International Art Competition Launch Exhibition」京都市京セラ美術館 (京都)

コーポレートコレクション

2017 GRANDMARBLE (京都)
2018 ホテルアンテルーム京都 (京都)

2019 デロイト・トウシュ・トーマツ (東京)

2019 ユニバーサルミュージック (東京)

2020 ホテルアンテルーム那覇 (那覇)

“1990 Born in Shiga
Education 2013 BFA, Kyoto University Art and Design, Kyoto
2015 MFA, Kyoto University of Art and Design, Kyoto
 
Solo Exhibitions
2014 “Aspect of Luminous Red” Gallery PARC (Kyoto)
2017 “VIVID – STILL” COHJU contemporary art & Gallery PARC (Kyoto)
2019 “Project N” Tokyo Opera City Art Gallery (Tokyo)
2021 “BLAZING IN THE SEA OF LOVE” VISIONARIUM THREE SHIBUYA / THREE AOYAMA (Tokyo)
Group Exhibitions
2013 “Kite Mite Nakanoshima: Kite Mite Museum
2013” Nakanoshima Station (Osaka)
   “[ Con ] Temporary Commune” Gallery PARC (Kyoto)
2015 “Weekend 2: Hiroko Koshino × Mio Yamato” KH Gallery Ashiya (Hyogo)
2016 “CAF art award: Selected Group Exhibition” HOTEL ANTEROOM Gallery 9.5 (Kyoto)
2018 “Seishun Kata Kata” Gallery of the Youth (Kyoto)
   “1.2.3.4.5” rin art association (Takasaki)
2019 “Transparency” HOTEL ANTEROOM KYOTO (Kyoto)
2021 “EMILIO PUCCI collection
2021 TOMO KOIZUMI” BA-TSU ART GALLERY (Tokyo)
   “Up_01” GINZA TSUTAYA BOOKS (Tokyo)
   “KYOTO STEAM
2020 International Art Competition Launch Exhibition” Kyoto City KYOCERA Museum of Art (Kyoto) Corporate Collection
2017 GRANDMARBLE, Kyoto
2018 HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto
2019 Deloitte Touche Tohmatsu, Tokyo
2019 Universal Music Japan, Tokyo
2020 HOTEL ANTEROOM NAHA, Naha”

Statement

白い空間に、赤い点を1つ描く。すると何もなかった空間は、意味を持った余白へ変化する。この点の存在を頼りに、新たな点を描く。そこには関係性が生まれ、余白の力もまた変化する。点は増殖し、まるで有機的なパズルのように、変化を受け入れながらゆっくりと形がつくられてゆく。
私はこの1つの点に、魂の存在を託したい。かけがえのないひとつひとつの存在が、互いに影響を与え合い、現実世界を作っている。その姿を描きたい。

Place a red dot in a white space. Then, the empty space changes into a margin with meaning. Draw a new dot, relying on the existence of the first. The two dots interrelate with each other, and the potency of the margin also changes.
The dots multiply and slowly form a shape while accepting change, like an organic puzzle.
I want to entrust the existence of the soul to this single dot.
I want to capture the way each and every irreplaceable existence influences each other and creates this world.

Testimonial

ドッツを打つ、線を引く。無限の反復作業。そこから立ち現れる粗密の波。予測不可能な形象。彼女の作品はステイーブ・ライヒのミニマルミュージックのような調和を示しながら、同時にカオスのように予測不可能な現実を私たちに突きつける。科学技術の発達した社会で、私たちはアン・コントロールな世界に生きていることを忘れがちである。彼女は生身の身体から起こす行為の積み重ねによってリアルな世界を鮮やかに視覚化するのである。

(宮島達男)

Drawing dots, connecting lines. Infinite processes of repetition. The occurrence of longitudinal waves. Unpredictable images. Her work expressed harmony like Steve Reich’s minimal music, and at the same time forces an unpredictable reality of chaos upon us. Inside a society with developed scientific technology, we often forget that we live in an un controllable world. A real world is vividly visualised by the repeated actions emerging from her own body.

(Tatsuo Miyajima)