長尾鴻平 / Kohei Nagao

PREV
NEXT

PROFILE

2018
KUAD ANNUAL2018 シュレディンガーの猫 (東京都美術館/東京)
2017
ULTRA GLOBAL AWARD 2017 (京都造形芸術大学/京都)    
umu (大垣書店高野店/京都) 個展
植木鉢のある風景 (gallery morning/京都)

2018
“KUAD ANNUAL2018 Schrodinger’s cat” Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo
2017
“ULTRA GLOBAL AWARD 2017” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
solo exhibition “umu” Books Ogaki, Kyoto
“STILL-LIFE” gallery morning, Kyoto

STATEMENT

主体と客体との間に生じる距離感、感覚的齟齬について、美術、歴史、現象など多様な観点からリサーチを行なう。

現代社会をポストフィクションとして捉え、オカルティズムやコスモロジーのような日常的には意識されづらい話題を取り合わせながら、既存の知識や信条の制度を実感を伴う形として再認可能な状態に置き換えることを試みている。

何が見えているのか、見えるだけなのか、見ようとしているのか、見ようとしていないのか?どのようにしてそれらを分かることができるのだろうか?

I explore the distance and discrepancy between the subject and object through various perspectives such as art, history and phenomena.

If the modern society were to be post-fiction, I try to replace existing systems of knowledge and beliefs with something more perceivable, by incorporating concepts such as occultism and cosmology that may be difficult to recognise in daily life.

What do you see? Do you only see it, are you trying to see it, or are you trying not to see it? How can you tell the difference?

TESTIMONIAL

長尾はこれまで多くのメディアを用いて制作を行ってきた。巨大絵画から立体インスタレーション、パズルの形態を用いた作品など様々だが、一貫して思考の具現化のために丁寧なプロセスを経て作品が作られてきた。
今回これまでの思考をさらに発展させ、「ポスト・フィクション」というコンセプトを立て、身近なもの、現実的なものを形はそのままに作り変える。またはまるで元々あったもののようになかったものを創出する。そのように作り出されたものが現実世界において一体何なのか。個別にその答えを出すことはできない。ただ、意味不明な造語の組み合わせが、文脈によって意味らしきものを浮かび上がらせるように、ここでは意味を纏っているかのような“偽”物語が生み出される。そのようにして真偽を超えた“理解する”ということ自体に見る者をアクセスさせようとする試みは現実世界へのカウンターとなり得るのではないだろうか。

(池田光弘)

Nagao has used various media in his productions, from enormous paintings to solid installations, to pieces taking the form of puzzles; there is a consistency in the careful process of the embodiment of his thoughts that his work goes through.
Developing these ideas further, he has established the concept of “”post-fiction””, recreating familiar and realistic objects without altering their shape. He sometimes creates non-existent things, as if they had already existed. What meaning do these created objects have in the real world? It is not possible to answer this individually, however, like how an incoherent made-up word may show meaning depending on its context, a false-tale as if with meaning is born here. I believe that such ventures to make viewers engage in accessing “”understanding”” beyond truth and falsehood, may become a counter towards the real world.

(Mitsuhiro Ikeda)

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般社団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives