石黒健一 / Kenichi Ishiguro

PREV
NEXT

PROFILE

2018年ULTRA × ANTEROOM exhitibion「Re: Traffic」 ホテルアンテルーム京都 京都
「月」 広島芸術センター 広島2017年
未来の途中プロジェクト2017 「ゴーストに矛と盾」 ARTZONE 京都ULTRA GLOBAL AWARD 2017「新しい泉についての錬金術-作る事と作らない事-」 ギャルリAUBE 京都
「BankART LIFE V -観光-」 BankART Studio NYK 神奈川
「未来の途中の星座 美術・工芸・デザインの新鋭9人展」 京都工芸繊維大学美術工芸資料館 京都2016年
「TAUTOLOGY」 VOU 京都
「アンテルーム増床リニューアルオープン」 ホテルアンテルーム京都・455号室 京都2015年
「山中Suplex展」 ヒャクヨウバコ、山中Suplex 京都、滋賀2014年 
「KUAD graduates under 30 selected」 ギャルリAUBE 京都2013年
アートアーチひろしま2013サテライト企画「建物の生態」 本川小学校平和資料館他 広島2012年 
「ヒロシマオー ヒロシマフクシマ」 旧日本銀行広島支店 広島2010年 
「RAKURAKU FESTIVAL」 ギャラリーRAKU 京都
「Between Scrap and Build」 旧廿日市市営林署 広島
「ヒロシマオー」 旧日本銀行広島支店 広島
「Resent Works」広島芸術センター 広島2009年 
広島アートプロジェクト2009 「いざ、船内探検!吉宝丸」 広島

Solo Exhibitions
2016
“TAUTOLOGY : Kenichi ishiguro Solo Exhibition” VOU, Kyoto

 

Group Exhibitions
2018
“ULTRA x ANTEROOM exhibition 2018 / Re:Traffic” HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto
“Moon” Hiroshima Art Center, Hiroshima
“VOU ni ZOU: VOU 3rd Anniversary Exhibition” VOU, Kyoto
2017
“On the Way to the Future Project 2017: Spear and Shields for Ghosts” ARTZONE, Kyoto
“Ultra Global Award: Alchemy for New Fountains – Making and Not Making” Galerie Aube, Kyoto
“BankART Life V Kanko” BankART Studio NYK, Yokohama
“Constellation on the Way to the Future: 9 Newcomers of Art, Craft and Design” Kyoto Institute of Technology Museum and Archives, Kyoto
2016
“Relunched Hotel Anteroom Kyoto,” HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto
2014
“KUAD graduates under 30 selected” Galerie Aube, Kyoto
2013
“Building Ecology” A-bombed Building in Hiroshima, Hiroshima
2012
“Hiroshima O Hiroshima Fukushima” Old Hiroshima Branch of the Bank of Japan, Hiroshima
2010
“Recent Works Exhibition” Hiroshima Art Center, Hiroshima
“Hiroshima O” Old Hiroshima Branch of the Bank of Japan, Hiroshima
“Between Scrap and Build” Kakiwai, Hiroshima
“RAKURAKU FESTIVAL” Gallery RAKU, Kyoto
2009
“Hiroshima Art Project 2009 KIPPOMARU” Yoshijima Town, Hiroshima

STATEMENT

主に鉱物を扱い、物を起点とした歴史を参照し、彫刻の可能性を追求している。
異なる文化や歴史を接続し、隠された関係性を導き出し、新たな空間表現を試みている。

I explore the possibilities of sculpture through the use of minerals, and by referring to histories that originate in objects.
By connecting different cultures and histories, I try to discover hidden relationships and create new spatial expressions.

TESTIMONIAL

石黒の作品は常に人類史を俯瞰させるエッセンスが含まれる。石器時代に道具と美的表現が生まれたころに思いをはせ、現代の価値概念にまで批評を下す。その視点は徹底したリサーチと職人的技巧から強度を持つ作品へと昇華される。今回の展示もアート市場に疑義を呈する刺激的な作品のようだ。

(ヤノベケンジ)

Ishiguro always has an essence that overlooks at the human history in his work. He reminisces about the stone age when tools and artistic expressions were created while critisising the present ideas of value. His perspective is turned into a durable creation under thorough research and craftsmanship. This exhibition has also become provocative, questioning the art market.

(Kenji Yanobe)

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般社団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives