小松 千倫 / Kazumichi Komatsu

PREV
NEXT

PROFILE

1992  高知県出身

2017  京都市立芸術大学大学院 美術研究科博士課程 絵画専攻メディア・アート 在籍中

          京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程 絵画専攻構想設計 修了

2015  京都造形芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科 先端表現デザインコース 卒業

 

個展

 

2016

「FAKEBOOK」Workstation.(東京)

 

グループ展

 

2017

    NUIT BLANCHE 2017 『見立てと想像力 ━ 千利休とマルセ ル・デュシャンへのオマージュ』展  元淳風小学校(京都)

    「シンフォニーLDK」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都)

 

2016

    「still moving – on the terrace」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA(京都)

 

2015

    「ALLNIGHT HAPS 2015 “DEMO”」HAPS(京都)

    「まぼろしとのつきあいかた」ギャルリ・オーブ(京都)

 

主なパフォーマンス

 

2017

     金氏徹平とthe Constructions 「tower (THEATER)」KYOTO EXPERIMENT 2017 (ロームシアター京都 サウスホール / 京都)  – サウンドデザイン・音響担当・出演

     PUGMENT 「Spring 2018」(Workstation. / 東京) - サウンドデザイン・音響担当

    2人「TOWER (theater)」国際舞台芸術ミーティング in 横浜(BankART Studio NYK 3F 3B Gallery / 神奈川) – サウンドデザイン・音響担当

 

2016

     金氏徹平「オバケのスカルプチャー」ライブパフォーマンス(丸亀市猪熊弦 一郎現代美術館 / 香川) – 音響担当

     Chim↑Pom「また明日も観てくれるかな?」ライブパフォーマンス 歌舞伎町商店街振興組合ビル(東京) – 出演

 

2015

     早稲田大学繊維研究会 2016 S/S COLLECTION「見えないものと 見えるもの」3331 Arts Chiyoda(東京) – サウンドデザイン・音響担当

 

2013

    「Ryoji Ikeda: Supercodex [live set]」WWW(東京) – オープニングパフォーマンス

    「Sonar Sound Tokyo 2013」studio coast(東京) – 出演

 

1992 Born in Kochi

2015 B.F.A. in advanced expression design, Kyoto University of Art and Design

2017 Ph.D. candidate in concept and media design, Kyoto City University of Arts

   M.F.A. in concept and media planning, Kyoto City University of Arts

 

Solo Exhibitions

 

2016

        “FAKEBOOK” Workstation., Tokyo

 

Group Exhibitions

 

2017

        “NUIT BLANCHE 2017 – MITATE and IMAGINATION Homage of Rikyu and Duchamp -“ Junpu elementary school, Kyoto

         “Symphony LDK” Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA, Kyoto

 

2016

         “still moving – on the terrace” Kyoto City University of Arts Art Gallery @KCUA, Kyoto

 

2015

         “ALLNIGHT HAPS 2015: DEMO” HAPS, Kyoto

         “Maboroshi to no tsukiaikata” Galerie Aube, Kyoto

 

Other activities

 

2017

         “Teppei Kaneuji and the Constructions “tower (THEATER)” at KYOTO EXPERIMENT 2017”, South Hall, ROHM Theatre Kyoto, Kyoto – Sound designer and audio technician, Performer

   “PUGMENT “Spring 2018” Workstation., Tokyo – Sound designer and audio technician

         “Futari “TOWER (theater)” at Performing Arts Meeting in Yokohama, BankART Studio NYK 3F 3B Gallery, Kanagawa – Sound designer and audio technician

 

2016

         “Live performance by Teppei Kaneuji “Sculpture of a Ghost” Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art, Kagawa – Sound

         “Live performance by Chim↑Pom “So see you again tomorrow, too?” Kabukicho Shopping District Association Building, Tokyo – Performer

 

2015

         “Waseda University Sen-i Kenkyuai 2016 S/S Collection “Mienai mono to mieru mono” 3331 Arts Chiyoda, Tokyo – Sound designer and audio technician

 

2013

         “Ryoji Ikeda “Supercodex” [live set] WWW, Tokyo – Opening performance

         “Sonar Sound Tokyo” Studio Coast, Tokyo – Performer

 

STATEMENT

自身が現代社会における空間情報との接触によって消費する情報や物質の連続的な忘却や切断を「トランス」と定義し、それらを再度チューニング・モジュレーションすることで、クラウドネットワーク以降の現代的なメディア環境において詩性(ミーム)の可能性を検証するインスタレーション作品をサウンドデザイン、コンポーズ、グラフィックデザイン、ポエトリー等を基調に展開する。

Komatsu re-tunes and re-modulates the state of consuming information and the oblivion or disconnection of materials that occurs from having contact with the spatial information of our modern society, a state he defines as “trance”, to create installations that test the possibilities of a meme in the post-cloud computing modern media environment, with sound design, composing, graphic design and poetry.

Testimonial

小松千倫の作品やスタンスはとても複雑です。嘘と本当の境目もわかりません。常に形のないものを扱いますが、そこには不思議な身体感覚が伴います。様々な文脈や形式を自由に行き来する彼が今回の場ではどのような作品を発表するのか非常に楽しみです。

 

(金氏徹平)

Kazumichi Komatsu’s work and stance are extremely complex. One cannot tell the difference between true and false. Although he always uses things without shape, a mysterious physical sensation lies there. I am interested to see what he will show us this occasion, as he wanders freely between various contexts and forms.

 

(Teppei Kaneuji)