前谷 開 / Kai Maetani

PREV
NEXT

PROFILE

1988 愛媛県生まれ

2011 京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科 陶芸コース卒業

2013 京都造形芸術大学大学院 修士課程 芸術表現専攻修了

 

個展

 

2016

    「Drama research と自撮りの技術」Division(京都)

 

2014

    「Second Kiss」YEBISU ART LABO(愛知)

 

2013

    「Capsule Size Me」新宿眼科画廊(東京)

 

主なグループ展

 

2016

    「六甲ミーツ・アート2016」六甲山高山植物園(兵庫)

 

2015

    「ULTRA AWARD 2015」京都造形芸術大学 Garelie Aube(京都)

    「ハイパートニック・エイジ」京都芸術センター(京都)

    「Installing of the Exhibition “BNF” & Artist」ARTZONE(京都)

      「これからの、未来の途中-美術・工芸・デザインの新鋭11人展」京都工芸繊維大学 美術工芸資料館(京都)

 

2014

    「KUAD graduates under 30 selected」京都造形芸術大学 Garelie Aube(京都)

 

2013

    「写真新世紀東京展2013」東京都写真美術館(東京)

 

受賞歴

 

2016

    「六甲ミーツ・アート2016」奨励賞

 

2014

    「KUAD graduates under 30 selected」パラ人(PARASOPHIAフリーペーパー)賞・京都芸術センター アート・コーディネーター賞

 

2013

    第36回 キャノン写真新世紀2013 佳作 (大森克己 選)

 

その他

 

2017 

    倉田翠 演出作品「家族写真」に出演 京都芸術センター(京都)

 

2016 倉田翠 演出作品「家族写真」に出演 アトリエ劇研(京都)

 

1988 Born in Ehime. Currently based in Kyoto.
2011 B.A. in ceramic art, Kyoto University of Art and Design
2013 M.A. in fine art, Kyoto University of Art and Design


Solo Exhibitions


2016

    “Drama Research and Selfie Technics” Division, Kyoto


2014

    “Second Kiss” YEBISU ART LABO, Aichi


2013

    “Capsule Size Me” Shinjuku Ophthalmologist Gallery, Tokyo

 

Selected Group Exhibitions


2016

    “Rokko Meets Art 2016” Rokko Alpine Botanical Garden, Hyogo

 

2015

    “ULTRA AWARD 2015” Kyoto University of Art and Design, Galerie Aube, Kyoto

   “Hypertonic Age” Kyoto Art Center, Kyoto

        “Installing of the Exhibition “BNF” & Artist” ARTZONE, Kyoto
  “On the Way to the Future, and Then”, Kyoto Institute of Technorogy, Kyoto


2014

    “KUAD graduates under 30 selected” Kyoto University of Art and Design, Galerie Aube, Kyoto


2013

    “The New Cosmos of Photography 2013 Tokyo Exhibition” Tokyo Photographic Art Museum, Tokyo

 

Awards

 

2016   

    “Rokko Meets Art 2016” Encouragement Prize


2014

    “KUAD graduates under 30 selected”, The Parazine (Parasophia semi-official newspaper) Award, Kyoto Art Center Art Coordinator Award


2013

    “The New Cosmos of Photography 2014″ Honorable Mention Award

 

Other Activities

 

2017

    “Family Portrait” by Midori Kurata, cast, Kyoto Art Center Art, Kyoto

 

2016

    “Family Portrait” by Midori Kurata, cast, Atelier Gekken, Kyoto

 

STATEMENT

「本当に人に言えないことは、どうやって人に言うことができるだろう?」という問いが僕の制作の中にあって、それについての暫定的な、ひとつの答えとして写真がある。「本当に人に言えないこと」を伝えるには、そのものごとを変換する装置や儀式のような、何らかの手順が必要だと思う。例えば、会話の中で口をついて出てしまった言葉は、その人の意識をすり抜けて出てきた、今まで人に言えなかった言葉じゃないだろうか。

写真を見る場所から、僕の体験や感情は隔たれていて、曝け出しているようで、でも絶対にそれに触れられない。そこから見るだけなら良いよ、って感じでそこにある。写真になる前のできごとは、まだ口に出す前の頭のなかの言葉のようで、写真はそれを誰かに伝えるための発話のようなものだ。

 写真は時々、傷づくのをわかっていて、傷つけたくて近づいていくような、声が届かないほど離れても呼び続けるような、目の前で黙って見つめ続けるような存在となって現れる。そのような写真からのまなざしは、普通の程度から外れた異質な距離感をつくり出している。写真は「それは=かつて=あった」という過去の事実を突きつける。そして、時に僕の記憶や、予測を超えた、意識の外にある何かとなって、新鮮さと親密さをもって現れる。思い起こさせるのと同時に、発見させられるような。でも、もう二度と触れることのできない、そんなイメージを僕は求め続けている。

I always hold the question “How can I express something I cannot tell anyone?” during my production, and photography is one of the  provisional answers that I fave found. I believe that a process, or something like a device or ritual is needed to convert the things that “cannot be told”, to express them. For example, if something slips out during a conversation, that may be the thing that they could not say, slipping out from their conscience.

My experiences and emotions seem to be exposed in the photographs, but they are secluded and can never be touched. They are there, just for the purposes of observing. The things that happen before becoming a photograph, are the unspoken words inside the mind, and the photographs are like the voice trying to express them.

At times, a photograph becomes like something that one approaches knowing they will be hurt, or carries on calling for knowing they will not be heard, or silently watches before their eyes. The photograph’s eyes create a different distance to that of the ordinary. A photograph confronts me with the fact that “that ‘used’ to be” in the past. And at times, brings a familiarity and newness, as something outside my memories, imagination and conscience. It is like finding something new, at the same time as remembering it. One can never touch it again, however, and that is what I seek for.

Testimonial

前谷の作品では常に撮影者自身による何らかの行為による環境や周囲の変化が写し止められている。同時に行為途中の自写像が唐突に、しかも行為をストップしレンズを見つめる呆然とした被写体となった自写像が挿入される。行為による変化は一時的で、多くの場合人目につかない場所で行われるが、それは決してプライベートなだけとは言い難い空間において行われる。それはイメージの発生する場所が我々のすぐ隣にある、あるいは我々自身が既にその内にある「洞窟」としての闇なのだということを示唆しているかのようだ。

 

(勝又公仁彦)

Maetani’s photographs capture the change in the environment and surroundings brought by the actions of the photographer himself. Self-portraits of him as a subject, stopping his actions halfway and staring bluntly at the camera are also inserted. The changes made by his actions are temporary and often take place away from people’s eyes, but they are far from being private spaces. This suggests that these places where the images are created, are right next to us, or even that we are already inside the darkness of this cave.

 

(Kunihiko Katsumata)