家田実香 / Mika Ieda

PREV
NEXT

PROFILE

1992年
兵庫県出身
2016年
京都造形芸術大学 芸術学部 美術工芸学科 油画コース 卒業
2018年
京都造形芸術大学大学院 修士課程 芸術専攻 ペインティング領域 油画コース 修了

 

グループ展/企画展
2013年
「しべりあ」LE SHOP RACINE(京都)
「number」Design festa gallery EAST(東京)
2014年
「スウィートヒアアフター:本屋と芸大生」スウィートヒアアフター(兵庫)
「油画の学生どう思う?」京都造形芸術大学(京都)
2015年
「the painting. Vol.001 留まる/留める前に」京都造形芸術大学(京都)
2016年
「町と日々。京都造形五人展」高瀬川・四季 AIR(京都)
「2015年度 京都造形芸術大学卒業展/大学院 修了展」京都造形芸術大学(京都)
「HOP展」京都造形芸術大学(京都)
2017年
「SPURT展」京都造形芸術大学(京都)
「Yukari Goto and Mika Ieda exhibition」(京都)
2018年
「2017年度 京都造形芸術大学 卒業展/大学院 修了展」京都造形芸術大学(京都)
「シュレディンガーの猫」東京都美術館(東京)
「京都アートラウンジ」ホテルアンテルーム京都(京都)

 

個展
2016年
「au ×家田実香」auショップ北白川(京都)

 

受賞歴
2017年
「SPURT展」SPURT賞

1992
Born in Hyogo
2016
B.F.A. Oil Painting, Kyoto University of Art and Design
2018
M.F.A Painting, Kyoto University of Art and Design

 

Solo Exhibitions
2016
“au × Mika IEDA” au shop Kitashirakawa, Kyoto

 

Group Exhibitions
2013
“Siberia” LE SHOP RACINE, Kyoto
“number” Design festa gallery EAST, Tokyo
2014
“The Sweet Hereafter:a bookstore and an art student” The Sweet Hereafter, Hyogo
“What Do You Think About Oil Painting Course Students?” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
2015
“the painting. Vol.001 Stop/Before Bring To A Stop” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
2016
“Town and Days. 5 students at KUAD” Takase R. Siki AIR, Kyoto
“Kyoto University of Art and Design Graduation Show 2015” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
“HOP” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
2017
“SPURT” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
“Yukari Goto and Mika Ieda exhibition” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
2018
“Kyoto University of Art and Design Degree Show 2017” Kyoto University of Art and Design, Kyoto
“KUAD ANNUAL2018 Schrodinger’s Cat” Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo
“KYOTO ART LOUNGE” HOTEL ANTEROOM KYOTO, Kyoto

 

Prizes
2017
“SPURT” SPURT Prize

STATEMENT

 私は作品を制作すると同時に、新たな世界を創造している。今まで誰も見たことのないような、しかし思い出のどこかに引っかかるような景色を画面を分厚く覆う絵具によって生み出している。絵具は私の手から離れると、自ら変化し、作者の想定を超える。画面上に乗せられた溢れんばかりの素材達は、自由気ままに滴り落ち、乾燥していくのだ。
 完成した作品が壁に設置された様子は、まるで窓のようでもある。普段なら決して見ることができない世界を見せてくれる窓。本来の窓は外の風景を眺めて楽しむものだが、私の作品は鑑賞者が自身の内面を眺めるきっかけとなる。外へ思いを馳せるのではなく、内へ内へと思考を巡らせるのだ。鑑賞者は忘れていたことや気づかなかったことを、私の作品によって見つけるのである。

When creating my work, I am also simultaneously creating a new world. Sceneries that no one has ever seen before, yet are reminiscent somewhere in peoples’ memories are created with paints that extend across the screen. When the paints leave the artists’ hand, they transform on their own and go beyond the artists’ expectations. The materials placed in abundance onto the screen trickle down freely until they dry up.

The completed artwork hung on the wall appear to almost resemble windows. These windows show a world that you aren’t normally able to see. Windows would normally be used to enjoy the outdoor landscapes, but my work serves as opportunities for the viewer to gaze deep inside themselves. Rather than expressing your feelings to the outside, they enable you to reflect deeper within yourself. The viewer can rediscover things that they had forgotten about or had yet to realize through my work.

TESTIMONIAL

家田実香の作品は、この地球上に現れ変化する自然の様相を連想させる。 私たちは、見えない大気と、様々な触覚に彩られた地表の狭間を生きている。この当然な事柄の中には、「世界とは何か」という謎が依然として横たわっており、私たちは様々な手段や言葉によって、その存在を確かめようとする。そして現代、画家がいまだ絵によってそれらを探る動機は、例えば、手と絵の具から生まれる痕跡が発する純粋な驚異を知っているからだろう。彼女は、「ひび割れ」を「人が逆らえない力」として、その力の痕跡を画面に表出させる。またその「人が逆らえない力」は、制作過程における画面の水平、垂直による重力方向の変化や、移ろう自然現象を留めようとする、行為と時間の中に見出されてゆく。そこは、私たちの束の間の世界を示す手掛かりに満ちているのだ。

(薄久保香)

We humans live on the borders of an invisible and un-solid atmosphere, and the surface of the earth decorated with various textures. This is only natural, however, the question of what exactly this world is, lies inside this natural state. We try to confirm this by verbalising it in many ways. The reason as to why artists still explore this in the modern age through paintings, is because they know, for example, of the pure surprise a trace formed by a brush may create. Mika Ieda’s paintings are reminiscent of the nature that is born and transforms on earth. She expresses powers that humans cannot fight against as cracks, making their appearance on the surface as traces of this power. These unfightable powers can also be seen during production on the canvas through the unevenness of the screen’s horizon and vertical gravity, and in the processes and time put into attempting to capture an ever-changing natural phenomenon. The depicted powers are full of hints to exploring about the world.

(Kaoru Usukubo)

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般社団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives