谷垣華 / Hana Tanigaki

PREV
NEXT

PROFILE

2017年
神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科卒業


個展
2014年
「18展」三宮インフォメーションギャラリー(兵庫)
2018年
「いい感じ展」kelp(大阪)


グループ展
2015年
「-Dimensions- 」gallery3
2017年
「SUNABA competition」SUNABA GALLERY(大阪)
「Christmas competition 2017」SUNABA GALLERY(大阪)

2017
Graduated from Kobe Art and Technology University, Department of Visual Design


Solo Exhibitions
2014
“18 exhibition” Sannomiya Information Gallery, Hyogo
2018
“Good Feeling Exhibition” kelp, Osaka


Group Exhibitions
2015

“-Dimensions-” gallery 3
2017
“SUNABA competition” SUNABA GALLERY, Osaka
“Christmas competition 2017” SUNABA GALLERY, Osaka

STATEMENT

私は、突然だったり、頭のなかで気になるものがまざりあったりして出てきた絵を、直感的に描いています。

I intuitively depict the images in my mind, where things that I was thinking of become mixed together, or suddenly pop up.

TESTIMONIAL

谷垣華の描き出す像を見る多くの者は、あるノスタルジックな感覚を抱くかもしれない。しかしながらそれは、学校の教室や海辺といった我々の日常生活を素材にした背景とオーソドックスな衣服を身に付けていることによって惑わされているに過ぎない。実は、谷垣は聖なる画像を描いているのである。とはいえ、谷垣の聖画像は具体的な宗教を表すようなことはない。その画像はあらゆる人々の心に宿る神の姿なのである。谷垣は現代に甦った聖画像絵師なのかもしれない。

 

(ARTISTS’ FAIR KYOTO実行委員会)

Many people may feel somewhat nostalgic looking at the images that Hana Tanigaki depicts. However, this is only a misdirection by the backgrounds such as school classrooms or the beach which may come from our daily lives, and orthodox clothing. What Tanigaki actually depicts is sacred paintings, although she does not indicate any specific religion. These images are the gods that live in the minds of all different types of people. Tanigaki is perhaps a reincarnation of a sacred artist into the present.

 

(ARTISTS’ FAIR KYOTO Organising Committee)

助成 一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
Funding:Nissha Foundation for Printing Culture and Technology

後援 京都商工会議所、一般財団法人京都経済同友会
Support:Kyoto Chamber of Commerce and Industry, Kyoto Association of Corporate Executives