坪本知恵 Chie Tsubomoto

Profile

1997年生まれ、京都芸術大学美術工芸学科卒業。同大学卒業後、京都を拠点に活動を行う。近作は愛媛県にある安藤正楽による日露戦約紀念碑からインスピレーションを得た作品群を制作。

Born in Ehime, 1997. Graduate from Kyoto University of the Arts in 2020. Based in Kyoto since graduation. My latest works are inspired by Ando Seigaku’s Russo-Japanese War Memorial in Ehime Prefecture.

Experience

1997年愛媛県生まれ
2020年 京都芸術大学 美術工芸科 卒業

グループ展
2017年
「ULTRA GLOBAL AWARD 2017- 新しい泉についての錬金術-作ることと作らない事」(京都) 
2018年
「OSTEN BIENNIAL of DRAWING Skopje 2018」(北マケドニア)
2019年
「Artist’s Tideland KYOTO」(東京)
「Little Cloud」 (岡山) 
2020年
2020年度京都芸術大学卒業作品展・修了展 (京都)

・コーポレートコレクション
2021年 OCA Tokyo (東京)

・受賞歴/その他
2017年 「ULTRA GLOBAL AWARD 2017」 後藤繁雄賞
2018年 「OSTEN BIENNIAL of DRAWING Skopje 2018」Finalist選出
2019年 公益財団法人クマ財団3期生

Education
2020 B.F.A. Fine and Applied Arts, Kyoto University of the Arts

Exhibitions
2017 ”ULTRA GLOBAL AWARD 2017 -Alchemy for New Fountains-” (Kyoto)
2018 ”OSTEN BIENNIAL of DRAWING Skopje 2018” (North Macedonia)
2019 “Artist’s Tideland KYOTO” (Tokyo)
“Little Cloud” (Okayama)
2020 “Kyoto University of the Arts Degree Show” (Kyoto)

Corporate collection
2021 OCA Tokyo (Tokyo)

Awards / Others
2017 ”ULTRA GLOBAL AWARD 2017 -Alchemy for New Fountains-” Goto Shigeo Prize
2018 ”OSTEN BIENNIAL of DRAWING Skopje 2018” Finalist
2019 KUMA Foundation scholarship student

Statement

ことば は時間も空間も飛び越え、人と人をつなぐ。言葉は人間が用いることができる素晴らしい伝達手段の一つである。日々の中でそれらはまるで聳え立つ巨大な岩石のように存在を放つが、時にはいくら集めようとも、泡のように消えてしまう。歴史や言語、言葉の通俗的なルールを用いながら、言葉から溢れ出るものを今に繋ぎ止める方法を模索する。

Language transcends time and space to connect people. Words are a fascinating means of communication that we humans can use. In the midst of our daily lives, they radiate their presence like towering giant boulders, but sometimes, no matter how much we collect, they disappear like bubbles.
I look for ways to enrich the unspoken emotions, using the common rules of history, language, and words.