渡辺 千明 Chiaki Watanabe

Profile

1985年京都府生まれ。2015年京都市立芸術大学大学院修士課程修了。
受賞歴に2015年京都市立芸術大学作品展大学院市長賞受賞。
個展歴に2019年京都精華大学Kara-S「memo」、グループ展歴に2021年京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA「Slow Culture」などがある。

Born in Kyoto, 1985. Completed the Master’s Course at Kyoto City University of Arts, Graduate School of Arts in 2015. Awards include the Mayor’s Prize at the Kyoto City University of Arts Art Exhibition in 2015. Solo exhibitions include “memo” at Kara-S, Kyoto Seika University in 2019, and group exhibitions include “Slow Culture” at Kyoto City University of Arts Gallery @KCUA in 2021.

Experience

1985年 京都府生まれ
2015年 京都市立芸術大学大学院 美術研究科修士課程絵画専攻油画 修了

個展
2013年 Oギャラリーeyes/大阪
2019年 memo(京都精華大学Kara-S/京都)

グループ展
2011年 Tourbilon Ⅸ (Oギャラリーeyes/大阪)
2013年 作品中!(galerie16/京都) ‘14
2015年 トーキョーワンダーウォール (東京都現代美術館)
2016年 ピュアロマン (MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w/京都)
2018年 下京渉成小学校作品展 (京都市立下京渉成小学校/京都) ’19
2019年 THE GIFT BOX 2019 (京都府京都文化博物館 別館ホール)
     むこう大宮オープンスタジオ (アトリエかいで/京都)
2020年 人と物と風景 (GAMOYON Gallery/大阪)
2021年 Slow Culture (京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA/京都)
     人工の森 (京都府立府民ホールALTI エントランスギャラリー/京都)

アートフェア
2013年 ホテルグランヴィア大阪×京都市立芸術大学×ART OSAKA
     アートワークスプロジェクト「アートでねむる、アートで目覚める」
     (ホテルグランヴィア大阪/大阪)

受賞
2015年 京都市立芸術大学作品展 大学院市長賞
2013年 京都市立芸術大学作品展 同窓会賞

パブリックコレクション
成安造形大学
京都市立芸術大学

1985 Born in Kyoto

Education
2015 M.F.A Oil Painting, Kyoto City University of Arts

Solo Exhibitions
2013 O gallery eyes (Osaka)
2019 “memo” Kyoto Seika University Kara-S (Kyoto)

Group Exhibitions
2011 “Tourbillon Ⅸ” O gallery eyes (Osaka)
2013 “In the works!” Galerie16 (Kyoto) (’14)
2015 “Tokyo Wonderwall Exhibition” Museum of Contemporary Art Tokyo (Tokyo)
2016 “pure romance” MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w (Kyoto)
2018 “Kyoto City Shimogyo Syosei Elementary School Work Exhibition” Kyoto City Shimogyo Syosei Elementary School (Kyoto) (’19)
2019 “THE GIFT BOX 2019” The Museum of Kyoto Annex (Kyoto)
“Muko Omiya Open Studio” studio Kaide (Kyoto)
2020 “People, Objects and Scenery” GAMOYON Gallery (Osaka)
2021 “Slow Culture” Kyoto City University of Arts @KCUA (Kyoto)
”Artificial Forest” Kyoto Art Live Theater International (ALTI) (Kyoto)

Art fairs
2013 “ART OSAKA 2013” Hotel Granvia Osaka (Osaka)

Awards
2015 “Graduate Exhibition 2015 Kyoto City University of Arts” Graduate School Mayor’s Award Kyoto City University of Arts  
2013 “Graduate Exhibition 2013 Kyoto City University of Arts” Graduate School alumni meeting’s Award Kyoto City University of Arts  

Public collections
Seian University of Art and Design
Kyoto City University of Arts 

Statement

旅先などで興味を惹かれたものをモチーフにして絵を描いている。
それらの印象や雰囲気が出るまで、何枚も繰り返し油彩で表現することで、余分な意味が取り除かれた自然な画面になるよう目指している。
自然とは、リアリズムを追求することではなく、色や形や場所が組み合わさって生まれる緩やかな状況そのものだ。
それを絵として記録し、かたちに残したい。

I use things that have attracted my interest in my travels as motifs in my paintings.
By expressing them in oil painting over and over again, until their impressions and moods are recreated, I aim to create a natural picture that is devoid of superfluous meaning.
Natural, is not a pursuit of realism, but rather the gradual situation itself, created by the combination of colors, shapes, and places. I want to record this as a painting, and as a form.

Testimonial

渡辺千明の作品は変わっている。もちろん良い意味です。造形的に他の多くの作家とは全く異なった絵画を描いている。日常や旅先で見つけた興味を惹かれるものをモチーフとするのはよくある事だが、その印象や雰囲気を本人の「リアリティ」が出るまで、繰り返し何枚も描き、咀嚼し、描いている。造形的に他の多くの作家と異なるとは、既に渡辺千明の世界が出来上がっているのかもしれない。今後の展開が大いに楽しみな作家である。

(鶴田憲次)

Chiaki Watanabe’s work is strange – of course in a good way. She paints paintings that have a completely different structure to that of many other artists. It is common to use things from daily life or travelling that catches one’s interest as motifs, but she repeatedly depicts, masticates and depicts, until their impression and mood represent her reality. As her structure is different to that of many other artists, it may mean that Chiaki Watanabe’s world has already been created. She is an artist whom I am greatly excited for her future development.

(Kenji Tsuruta)