宮木亜菜 Ana Miyaki

Profile

1993年大阪生まれ。
2018年 京都市立芸術大学 大学院 修士課程 美術研究科 彫刻専攻修了。
主にパフォーマンス、インスタレーションを発表。
これまでに、彫刻的な素材を扱ったものや、洗濯・睡眠・ピクニックといった
実際の生活の中から見出した動きや空間性をもとにしたパフォーマンスなどを制作。

Born in Osaka, 1993. Graduated from the Department of Sculpture, Kyoto City University of Arts (MFA / 2018).
Ana Miyaki’s works are based mainly on performances and installations.
She creates performance art using sculptural materials,
encompassing the movement and spatiality found in the daily life, such as laundry, sleeping, and picnics.

Experience

1993年生まれ、大阪出身
2016年 京都市立芸術大学美術学部彫刻専攻卒業
​2016年 9月-12月 イギリス ロンドン Royal College of Art パフォーマンス専攻 交換留学
2018年 京都市立芸術大学大学院修士課程美術研究科彫刻専攻修了

個展
2021年「肉を束ねる」京都市京セラ美術館(京都)

グループ展
2020年「ドライブイン展覧会”類比の鏡 / The Analogical Mirrors”」山中suplex (滋賀)
2020年「六甲ミーツ・アート芸術散歩2020」六甲山カンツリーハウス (兵庫)
2019年「transmit program 2020」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA (京都)
2019年「山中suplexのみんなと尼崎にいるあなた」あまらぶアートラボ (兵庫)
2019年「かみこあにプロジェクト2019」沖田面会場 (秋田)
2018年「ゲンビどこでも企画公募2018」広島市現代美術館 (広島)
2018年「2017年度京都市立芸術大学作品展」京都市立芸術大学 (京都
2017年「集団展示」コーポ北加賀屋・千鳥文化 (大阪)
2017年「still moving 2017: 距離へのパトス フローとストック」元崇仁小学校 (京都)
2016年「Exchange Students Exhibition」Royal College of Art (ロンドン)
2016年「Being – Doing」Royal College of Art (ロンドン)
2016年「通り抜けフープ展」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA (京都)

1993 Born in Osaka
2016 B.F.A. Sculpture, Kyoto City University of Arts
2016 Sep.-Dec. Exchange Program, Perfomance, Royal College of Arts, London, UK
2018 M.F.A. Sculpture, Kyoto City University of Arts

Solo Exhibitions
2021 “Bonding the Body” Kyoto City KYOCERA Museum of Art (Kyoto)

Group Exhibitions
2020 “drive-in-exhibition / The Analogical Mirrors” Yamanaka duplex (Shiga)
2020 “Rokko Meets Art 2020” Rokko-san Country House (Hyogo)
2020 ”transmit program 2020” Gallery @KCUA (Kyoto)
2019 “Show and Tell: The Artists of Yamanaka Suplex and You” A-Lab (Hyogo)
2019 “Kamikoani Project 2019” Okitaomote Elementary School (Akita)
2018 “Genbi Dokodemo Competition 2018” Hiroshima MOCA (Hiroshima)
2018 “Graduate Exhibition” Kyoto City University of Arts (Kyoto)
2017 “Group Exhibition” Coop-Kitakagaya & Chidoribunka (Osaka)
2017 “Flow and Stock / Still Moving 2017: Distance for a Pathos” Sujin Elementary School (Kyoto)
2016 “Exchange Students Exhibition” RCA (London, UK)
2016 “Being, Doing” RCA (London, UK)
2016 “Throuh the Hoop” Gallery @KCUA (Kyoto)

Statement

体が持つちからを健康的に展開しようとしています。
筋肉のちからから始まり、体を取り巻く様々な種類のちからの強さ・弱さを考えます。
現在は物質としての自身の肉体、とりわけ脂肪に対しての関心があり、
それが持つ重みや描く曲線、在り方に注目をしています。

I am trying to develop the power of the body in a healthy way.
Starting with the power of muscles, I think about the strength and weakness of the various powers surrounding the body.
Currently, I am interested in my own body as a material,
especially fat, and am paying attention to the weight, the curves it draws, and how it exists.

Testimonial

自分の身体や身の回りの物を使って、重たいもの、大きいもの、形のないものなど、扱いづらいものを変形させる、変形させようとするというのが宮木さんのスタンスだと思います。それは彫刻もしくは生きることの原理なのかもしれません。目の前の何かを変形させようとすることが、遠くの何かを変形させていたら面白いと思います。

(金氏徹平)

I believe Miyaki’s stance is to use her body and objects around her, to transform, or attempt to transform what is difficult to handle, such as heavy, large and shapeless things. This may be the principle of sculpture, or life. It’s interesting if the action of trying to transform something in front of her eyes, transforms something far away. 

(Teppei Kaneuji)