池上高志 Takashi Ikegami

Profile

教授。理博(東京大学、物理学, 1989). 京大基研、神戸大を経て、1994年より東京大学広域システム科学系准教授。2007年より現職。専門は複雑系の科学、人工生命。
2018年、ALIFE国際会議を主催。 2020年 Conf. Complex Systems, 2019年 SWARM 国際会議 などでの基調講演多数。著書に、
動きが生命をつくる(青土社 2007), 人間と機械のあいだ(共著、講談社、2016)、作って動かすALIFE(共著、オライリージャパン, 2018)など。
また、アート活動として、Filmachine( with 渋谷慶一郎, YCAM 2006), MindTime Machine( YCAM, 2010) , Scary Beauty( with 渋谷慶一郎, 2018), 傀儡神楽(2020)、Alternative Machineとして SnowCrash(WhiteHouse 2021), VR ReverseDestiny Bridge(あいち2022) などを行っている。