ヤノベケンジ / Kenji Yanobe

PREV
NEXT

PROFILE

1965  大阪府生まれ

1991 京都市立芸術大学 大学院美術研究科修了

1994 ベルリンに滞在、ドイツ(-1997)

チェルノブイリを訪問。《アトムスーツ・プロジェクト》を開始(-2003)

現在、京都造形芸術大学教授兼ウルトラファクトリー・ディレクター。大阪府在住

機械彫刻、巨大彫刻、絵本、フィギュア、ワークショップなど、既成のアートの枠組みを超えた創造的活動を次々と展開している。

 

主な個展

2016「シネマタイズ」高松市立美術館(香川)

2011「TARO100祭 ヤノベケンジ展:太陽の子・太郎の子」岡本太郎記念館(東京)

2010「平成22年春の有隣荘特別公開 ヤノベケンジ 幻燈夜会」大原美術館(岡山)

2009「ウルトラ」豊田市美術館(愛知)

2003「メガロマニア」国立国際美術館(大阪)

1997「Survival System Train and Other Sculpture by Kenji Yanobe」センター・フォー・ジ・アーツ・イェルバ・ブエナ・ガーデンズ(サンフランシスコ、アメリカ) 他

1965 Born in Osaka.

1989 Kyoto City University of Art, B.A. Fine Art Sculpture

1991 Kyoto City University of Arts, M.A. Fine Art Sculpture

1994 Studied and stayed in Berlin, Germany(-1997)

1997 Visited Chernobyl – beginning of the Atom Suit Project (-2003).

2008-  Professor at the Kyoto City University of Art, and Director of ULTRA FACTORY.

Lives in Osaka.

 

Selected Solo Exhibitions

2016 “Cinematize” Takamatsu Art Museum, Kagawa

2011 “TARO 100 Festival / Kenji Yanobe: Children of the Sun, Children of Taro” Taro Okamoto Memorial Museum, Tokyo

2009 “ULTRA” Toyota Municipal Museum of Art, Aichi

2003 “MEGALOMANIA” The National Museum of Art, Osaka

1997 “Survival System Train and Other Sculpture by Kenji Yanobe” Center for the Arts Yerba Buena Gardens, San Francisco, U.S.A., others