髙橋耕平 / Kohei Takahashi

PREV
NEXT

PROFILE

髙橋耕平(たかはし こうへい)

美術家/京都造形芸術大学専任講師

1977年京都府生まれ。2003年に「MUZZ PROGRAM SPACE」を共同設立し、2010年まで現代美術の展覧会企画・運営に関わる。現在はドキュメンタリー形式の作品を中心に、パフォーマンスの記録やアーカイブ資料を使用した作品を主に発表する。近年の主な展覧会に「文化庁メディア芸術祭京都 Ghost(ゴースト)」ロームシアター京都(2018年)、「切断してみる。ー二人の耕平」豊田市美術館(2017年)、個展「髙橋耕平 – 街の仮縫い、個と歩み」兵庫県立美術館(2016年)、「PAT in Kyoto 第二回京都版画トリエンナーレ2016」京都市美術館(2016年)、「ほんとの うえの ツクリゴト」旧本多忠次邸(2015年)、個展「史と詩と私と」京都芸術センター(2014年)、「Imitator2」MART,ダブリン(2014年)、「パズルと反芻 “Puzzle and Rumination”」Island MEDIUM、NADiff a/p/a/r/t、JIKKA(2012年)等がある。

Kohei Takahashi

Artist, Lecturer at Kyoto University of Art and Design, Department of Fine and Applied Arts

Born in 1977, Kyoto. In 2003 he established the contemporary art space “MUZZ PROGRAM SPACE” and then curated and managed contemporary art exhibitions until 2010. He currently works using records and archive material of performances to create works such as documentaries.

Main exhibitions in recent years include Japan Media Arts Festival in Kyoto “Ghost”ROHM Theatre Kyoto(2018), “Work on Five Hypotheses to Cut Off…” Toyota Municipal Museum of Art (2017), solo exhibition “Kohei Takahashi – Transitional Cityscapces, Individual Paths” Hyogo Prefectural Museum of Art (2016), “PAT in Kyoto Print Art Triennale in Kyoto 2016」Kyoto Municipal Museum of Art (2016), “play on the facts” former Tadatsugu-Honda house (2015), solo exhibition “Shi to Shi to Shi to” Kyoto Art Center (2014), “Puzzle and Rumination” Island MEDIUM, NADiff a/p/a/r/t, JIKKA (2012).